読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画バカDiary

ネタバレ無し!見た映画の感想を気楽に書いてます

DEATH NOTE デスノート 前編: 死のノートが空から落ちてきたら

映画 《タ行》 評価:★★★★★

f:id:arisakamo:20160430135307j:plain

製作国:日本 上映時間:126分 製作年:2006年

監督:金子修介 原作:大場つぐみ/小畑健

キャスト:藤原竜也/松山ケンイチ 

10年ぶりにデスノートの世界が帰ってくる! 

 2016年10月に新しい映画が放送されるって決まったので2006年の前半の感想を書こうと思います。最初に言えるのは感動するぐらい忠実に再現されてる映画だと思います。マンガはもちろん読んだので、どのような展開になるのは予想できていましたが、やっぱりいちいちドキドキするし、藤原くんの演技やもちろん松山くんの演技にもビックリさせられます。でも一番ビックリしたのはリュウクがCGには見えないところですかね。

キャストも完璧!! 

 普通だったらマンガの実写はキャストがな~って思ってしまう映画が多いです。でもこれは忠実にできている。キャストも問題ないし、みんなそっくり!戸田恵梨香ちゃんの金髪も見たかったけど、そこを黒髪にするのものポイントなのかもしれませんね。

f:id:arisakamo:20160430140313j:plain

海外でも大人気な映画です

 もちろんアメリカに住んでいるので周りの反応もわかります!でもこの映画は海外でも大人気!アニメとマンガも人気ありますが、ちゃんとこの実写を見ている人も多いです!そこも結構ビックリしたところですかね。普通だったら日本の映画はめったに見られないと思いますが、この映画はすごい魅力的なんでしょう。

 

評価:★★★★★

[ 予告編 ] デスノート予告 - YouTube