読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画バカDiary

ネタバレ無し!見た映画の感想を気楽に書いてます

バクマン。: 2人の高校生が目指すのはマンガ家

映画 《ハ行》 評価:★★★

f:id:arisakamo:20160408145300j:plain

製作国:日本 上映時間:120分 製作年:2015

監督・脚本:大根仁 原作:大場つぐみ/小畑健

キャスト:佐藤健/神木隆之介 

最初に言っておきます、原作は途中まで読んでます 

 これをさきに言わないとなんでこんな評価にしたのかがあやふやになってしまうので先に報告しときます。このマンガは途中まで読んでいて、最後までは読んでません。正直このマンガが終わっていたのもビックリしてました。ジャンプマンガは「ONE PIECE」メインに読んでいるのでこのマンガには何年か前に手をつけたんですが続きませんでした。もちろん面白くないとかではなかったんですけど、ちょっと忙しくなってしまっただけで・・・

部分的に怪しいところがありつつ 

 映画を見ていて何回かあれ?って部分がありました。最初は手塚賞を受け取ったとき。なぜかマンガを提出したあとの受賞のシーンすごく早かった。もちろん映画の中でもすぐだった!みたいな会話があったものの、あそこまで凝縮するものなのか。

次は戦う部分。佐藤くんと神木くんが染谷くんとマンガの世界で戦う部分がある。それは予告にもでている。正直それは予告用に作ったものだと思っていました。でも実際映画にあってビックリしました。それも結構長く。これここまで長くなくてはいけなかったのか?

あとは街の人たちがジャンプを読んでるシーン。監督が言いたいことはわかる。みんなが作品を読んでくれるからこそマンガなのだ。だから2人の作品はやっとマンガになったのだ。それはわかるが、またもやこのシーンが長く感じた。

f:id:arisakamo:20160408150800j:plain

演技と細かい部分には感動した

 最初にビックリしたのは細かいところに力を入れていたことだ。それはインクの汚れですごくわかる。マンガを一回描いてみるとわかるのだが、あのインクはしつこいものだ。なかなか取れない。それがちゃんと爪の汚れですごくわかった。普通は手を洗ってすぐ落ちるものだと思ってしまうがやっぱり何回も書いて、洗って、書いて、洗ってっとしても染まってしまうのだ。そこだちゃんとピックアップされていてよかった一部だ。

次に2人の俳優に証明をあてる。最初は神木くんだ。最初にこの映画が発表になったとき主人公は逆だと思っていた。これは私だけが思っていたことではないと思う。

f:id:arisakamo:20160408151254j:plain

うん・・・こっちのほうがしっくりくる。でも映画を見たら神木くんの演技力にはビックリした。佐藤くんの演技に合わせて自分のキャラクターを演じていた気がする。なるべく後ろに支えている感じがダブル主演をものにしてた。

次は染谷くんだ。彼の演技は毎回違う映画を見ていてビックリさせられる。今回は特にビックリした。ちゃんとマンガのキャラクターに染まっていた。チャラいんだけどどこが正直さがあり、それをうまく言葉にできないってものが感じられた。

マンガファンにはたまらん 

 この映画はストーリーを見るよりも周りに出てくるマンガのワンシーンやマンガのテロップがきになります。一番きになったのはジャンプの数!あれはやっぱりゴダイゴのタケカワさんに借りたものなのか?!笑 あとは最初と最後に出てくるジャンプの連載のマンガが出てくるところには鳥肌がたった。

でもちょっと自分でもモヤモヤした部分が。最後が微妙だった。もちろんマンガがあんな終わりかただったらしょうがないが、それならこれはつまらないマンガのエンディングだと思う。なんも答えも出ず、最悪のパターンだと思う。映画としては、まあまあのできばえかな。

 

評価:★★★

[ 予告編 ] 「バクマン。」予告 - YouTube